撮影:Sota Aono

会場は公立はこだて未来大学3階ミュージアム

会場は公立はこだて未来大学3階ミュージアム

表A4(210x297mm),CMYK

フライヤーA4(210x297mm),CMYK

 

中空土偶プロジェクションマッピング

種別 : EXHIBITION
担当 :
時期 : 2014/12

2014年現在、北海道唯一の国宝である中空土偶をテーマにしたプロジェクションマッピングを行った。このプロジェクションマッピングは鑑賞者が操作できる仕掛けが施されている。懐中電灯型の装置で中空土偶を照らすことで、解説とリンクした映像が見られる。解説内容は中空土偶の出自や構造に隠された意味など現在わかっている学術情報である。投影対象は実物の中空土偶をCTスキャンして制作した実物大のレプリカである。このレプリカの制作には3Dプリンタを使用した。展示は2014/12/01から12/05までの5日間行った。

制作:小林真幸
指導:迎山和司
ナレーション:はにわ
参考文献:
先史からの使者 北海道著保内野出土の中空土偶
文化庁海外展大英博物館帰国記念 国宝 土偶展
北の縄文世界 土偶からのメッセージ
北の土偶 縄文の祈りと心